つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

セメントの品質

 相変わらず飽きずに石垣修復を続けています。
ここで石積み上部にコンクリートで補強を行いました。


Aコンクリート補強 <コンクリート補強>


 ここで気が付きました。
これまで家から一番近くの”Kホームセンター”でセメントを購入していましたが、ここで”Nホームセンター”で購入したものを使っています。(現場に近い関係で)
どちらも値段が安い(¥395/25kg)製品ですが、ひとつは”JIS製品”、他方は”ノンブランド/非JIS”。
たまたま2種類のセメントがあったので、比較が出来気が付きました。

絶対セメントに違いがある !!


 何時もの『手廻し式コンクリートミキサー』で同じ様に混合したのですが、一方は何故か粉っぽく、砂利への絡みつきが小さい様に思います。
又他方は撹拌が少なくても砂利に絡みつく力が強い様に思います。
コンクリートは原料の砂や砂利の濡れ具合(水分含有量)で完成粘度が大きく違いうことは経験で分かっています。
しかし今回同じ砂や砂利、水を使って同じ空缶単位で計量していますから配合率でそんなに違いは無いはずですが、一方の物は妙に水っぽいのです。
セメント自体に違いがあるのが疑われる結果ですが良く分かりません。
ただこれまでこのセメントで造った物に問題は無いようです。


A境界線 <1週間養生後の境界線:(右)JIS品、(左)ノーブランド品>

 コンクリートを練っていると独特の臭いがしますが、ノンブランド品は臭いがほとんどありません。
 ”賞味期限?”か”保管環境”か、それとも”震災瓦礫処理品”、よもや”中国製?”(それはないか)
 何かHC側にも事情があるのでしょうね !!??

2013.05.27
******************************************
<追>

・その後色々調査してみましたが、『直ぐに色が白くなるセメントは品質に問題があるものが多い。』との書き込みがありました。
 やはりこの”ノーブランド品”は、人には言えない事情がありそうです。


関連記事

Comment

非公開コメント