つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

八重桜の判断は正しい

 寒かった春も遅ればせながらようやく暖かくなってきました。
今日畑に行ったら、隅にある”八重桜が”開花していました。
この八重桜は我が家では”苗物(野菜苗)”を植えてもいいかどうかの判断に使っています。
この辺では昔から”八重桜が咲けば苗を露地に植えても良いよ!”と言われています。
その為畑の隅の一番寒いところにこの八重桜を植えました。
今年の天候を見ると”八重桜”による植え付け時期の判断は正しいと思います。


A八重桜 <八重桜の花も収獲しました>


 もう一つの目的は”八重桜の花を食べるため”。
奥さんの趣味のパンや和菓子の材料として”八重桜の塩漬け”を購入していたようですが、非常に高いので自作する事になりました。
1本植えておけばそれこそ食べきれないほど採る事ができます。
その為毎年上に伸びた枝は剪定して、常に簡単に採れる大きさの丈にしています。



 さて気が付くと”ホップの芽”が動き出していましたので”株作り”を行いました。


 Aホップの芽 <動き出したホップの芽>


A株作り <株つくりで丸坊主です>


Aリゾーム <ホップリゾーム>


 ホップはリゾーム(地下茎)で増やします。
株作りを行うと不要になった地下茎やホップの芽(モヤシの様な白い芽)が沢山出ます。
ホップの芽はドイツでは高級品との事で昔食べてみたことがありますが美味しくないので今は全て捨てています。
地下茎は小さく切って植えつけると、ほぼ100%発芽します。
これを3~4年育てると又ホップの実が収獲出来る様になります。
今年もこれで少し株を増やす積りです。


2013.05.13
関連記事

Comment

非公開コメント