つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

タンドール第2弾(その2)

 先に作った”ペール缶タンドール・第2弾”『2段積みタンドール』の焼慣らしの続きです。
 最終の焼き慣らしを兼ねて”魚焼”に挑戦しました。

 使った魚は”ニジマス”。
23cmくらいの手頃な大きさのものです。

Aタンドール3 <準備作業>


 加熱には炭ではなく”薪”を使いました。
タンド-ル内部に八分目ほど薪を詰め点火。
これが全て燃えて”オキ”になって窯の内壁のススが消えれば準備完了です。
今回テラコッタが長くなりエントツ効果が大きくなったようで燃焼は非常に良好でした。


Aタンドール4 <ニジマス焼き>


 ニジマスを市販のバーベキュー用鉄串に差しましたが鉄串が細過ぎなのか、縦にすると魚が抜け落ちてしまいます。
そこでしばらくタンドールの上部に横置きで焼いて、串から抜けなくなってからタンドール内部に縦に置きます。
今回は焦って焼いたので、まだ窯内部温度が400℃近くあって表面が大分黒焦げ状態となってしまいました。


A亀裂3 <テラコッタに亀裂発生/赤枠内>


 しかし今回途中で問題発生(発見)!!
テラコッタの壁面に亀裂が出来てしまいました。
”焼慣らし”が不十分だった可能性もありますが、今回薪が良く燃えたので炉内温度が部分的に上がり過ぎテラコッタの熱膨張率が違ってしまってその歪みで亀裂が発生したと推測しています。

 仕方ないので当面このままで使いたいと思いますが、その内テラコッタの壁に穴が明いてしまうでしょうね。

 今回掛かった時間は火入れから2時間、魚を焼くだけならまったく割に合わない作業時間です。
 それでも焼いた魚は旨かったですね。



2013.05.11
関連記事

Comment

もう新しいタンドール出来たのですね

こんばんは管理人さん 早速次のタンドール制作されたのですね。窯内部が長いので煙突効果もあるせいでしょうか炎の色がきれいです。
 私も管理人さんが貼り付けてくれていたCADの図を参考に作りました。ただ大きいサイズのテラコッタを買ったため、逆さではペール缶に入らず上向きのままです。一度鶏肉を焼いただけでまだ本格的な調理は出来ていません。薪を燃やすにしてもただ燃やしてしまうだけでは勿体ないのでハガマでコンニャクでも茹でようかと考えています。
 テラコッタが大きく重いので主人でも持ち運びは大変みたいで、壊れかけのキャリングカートに縛り付けてくれたから私でもどこへでも引っ張って行けます。

おかげさまで全く知らなかったタンドールが出来て嬉しいです。近いうちにナンにも挑戦してみます。ありがとうございました。

Re: もう新しいタンドール出来たのですね

万年かぶら さん こんばんは

 もうタンドール作られてのですね。 流石ですね。
このタンドール自作が非常に簡単で、1台作ると2台目、3台目を作ってみたくなるのが玉に傷です。
と言う事で、3作目の大型タンドールの材料を既に揃えてしまいました。
出来上がったら又ブログで報告します。

 さて私もタンドールは”かまど”としても優秀だと思っています。
と言う事で五徳を造って、料理していない時はヤカンを乗せて湯沸しに使っています。
又羽釜で御飯を炊いたらどうかななどと考えているところです。
上手い使い方がありましたらコメントください。
非公開コメント