つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ドラム缶タンドール(その2)

 ”ドラム缶タンドール”の製作工程です。


A原材料 <原料/ペンキ塗装したら見違えるようになったドラム缶>


空気穴と取っ手 <”空気調整口”/”取っ手”>



”空気調整口”はスライド式のものを自作しました。(廃棄PCのHDDケースの廃材です)
”取っ手”は何の廃材か分かりますか? 昔の金属製衣装ケースの取っ手です。


A焼床 <”火床”加工:ダンボール型枠→火床加工>


 ペール缶よりひと回り大きなサイズ(体積比約2.5倍)のタンドールになるので重量の心配があり、出来るだけ軽量化設計をした積りです。 

これまで購入したパーライトをそのまま乾燥状態でセメントと混合していましたが、そうするとセメントを規定の配合比以上に入れないと上手く固まらずセメントを追加する必要がありました。
これが重量アップの主原因となっていました。
今回パーライトを最初に浸水してから混合する事で規定通りの配合比で固まり、軽量化出来ました。



A本体加工 <テラコッタ及び断熱材詰込み/蓋修繕>


 その結果は”総重量28kg”。
それでもかなりの重量ですがこのサイズのタンドールは普通40~50kgある様なので、まずまず軽量化出来たと思います。


Aタンドール3種類 <一番右側が今回完成したドラム缶タンドール>

2013.07.17
関連記事

Comment

非公開コメント