つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ドラム缶タンドール

 スイス旅行記を投稿中ですが、現在やっと1/3の行程の投稿が終了した段階です。
大量の写真の整理を行いながら、残りは又後日掲載します。
これから又しばらく『ドラム缶タンドール』の製作過程を投稿します。


=============================

 ”タンドール”の第3弾、ドラム缶を使った『大型タンドール』を作りました。

 ペール缶でクッキングストーブを作るようになってから、ペール缶よりひと回り大きいサイズの缶が欲しくて捜していました。
数年前から畑の隅で”焼却炉”代わりに使っている小型のドラム缶(50㍑)がありました。
前回のタンドール作成時丁度欲しかったサイズなのですが数年も雨曝しで使っていたので穴だらけで使えないものと諦めていました。
昔はリサイクル店に行くとこのサイズのドラム缶が良くあり、複数購入して使っていました。
今は全く見掛けない貴重品です。
先日この焼却炉が農作業の邪魔になって移動した折、ふと見ると底と蓋には穴が空いていましたが、側面はまだ確りしていることに気が付きました。

Aドラム缶焼却炉 <錆だらけドラム缶/底と蓋は穴だらけ>


 タンドールは窯の周囲を耐火セメントで固める為、缶自体の強度はほとんど必要としません。
そこでこの”穴明きドラム缶”を使って大型のタンドールを作ってみることにしました。
タンドールは既に2個あるので、はっきり言って必要ないのですがこんな材料が手に入るとどうしても作ってみたくなってしまいます。(またまた邪魔な物を・・・、本当に迷惑千万な話です??)


A塗装 <取りあえずペンキ塗装ました>



 ワイヤーブラシで錆落としを行い、トタン屋根に塗った残りのペンキで内側、外側全面塗装しました。
タンドールの外周温度はあまり熱くならないのでペンキが焼け落ちる事もないハズです。


2013.07.13
関連記事

Comment

非公開コメント