つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『大蔵経寺山(716m)』登山

今朝の雪にはびっくりです。

A朝の雪 <今朝の庭です>

 今日は山岳会の2013年度最初の山行で朝5:30に起きて外を見てびっくりしました。
一面真っ白。
どうも未明に雪が降った様で2~3cmの積雪となっていました。
急遽毛糸の帽子とフリースの手袋を取り出して予定通り駅まで自転車で行きました。(結構寒かったです)

 今年最初の山登りは山梨県百名山の『大蔵経寺山(だいぞうきょうじやま)』でした。
今年度最初の山と言うことで”足慣らし”の意味合いが強く登山と言うよりハイキングでその後の”お花見”がメインのつもりの計画でした。

 山は石和温泉駅の直ぐ裏の山で簡単に登れる(ハズ)の山でしたが、標識がはっきりしていないところがあったりで、結果的にこの山の端から端まで隈なく歩く事になりました。
しかし時間的には大したことは無く、ほぼ予定通りの9:00石和温泉駅出発~14:00到着のゆっくり山を満喫出来た山行でした。
登っての感想は山梨県内だけで100座もの『名山』を選定するのは少し無理があったようだ!


A大蔵経寺山1 <展望台からの眺め(頂上からは眺望無し)>


A山海の珍味 <昼はお約束の山海の珍味: ”海”はなかったかも?>

A大蔵経寺山2 <満開の山桜/新緑/謎のきのこ>

A大蔵経寺山3 <大蔵経寺山を背景に>



 ”山梨でのお花見”を目論んでこの日に設定したのですが、今年は何処も開花が早く諏訪が今5分咲きなので山梨では当然桜はありません。
その代わり”八重桜”が満開から散り始めでした。
駅前の公園の八重桜並木の下で”宴会”を行ってきました。
又駅前に足湯の施設があって風で散った花びらがお湯の上に浮かんでいて、皆さん話にも花が咲いていたようです。(残念ながら飲むのに忙しくてこの花は見ることは出来ませんでした)

A大宴会  <折からの風で桜吹雪の中、大(?)宴会>

2013.04.11
関連記事

Comment

非公開コメント