つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ヤーコン酢

 『ヤーコン酢』を作りました。
・・・と言うより、『知らない間にヤーコン酢が出来ていました。』と言った方が正確だと思います。

 先日最後の貯蔵ヤーコンを使って”ヤーコン糖”を作りましたが、その一部をジュ-スとして瓶に入れてしばらく飲んでいました。
まだ飲めるかなと栓を開けようとしたら「ポン」と言う音とともに蓋が飛びました。
忘れたままの飲み残しがいつの間にか自然発酵して”酢”になっていたと云う事です。
この酢が非常に美味しかったので、そのまま毎日飲んでいました。

 甘い”こぶ出汁”の様な不思議で上品な味、刺激臭はなく非常に飲み易い酢です。

Aヤーコン酢2 <ヤーコン酢/これで¥600也>


 WEBで検索すると既に”ヤーコン酢”は市販されていて、しかも¥600/150mlもする高級品です。
これは来年(おっと今年です)十分に挑戦してみる価値があります。
これで又々ヤーコンの処分方法(??、使い方)が一つ増えました。

2013.04.19
関連記事

Comment

良い発酵菌が住みついているのでしょうね

柿酢は簡単ですがヤーコン酢が自然に出来てしまったとは、酵母菌・酢酸菌がいるという環境でしょうね。以前、ビールを造っていたら酢になり数年後に飲みやすくなったからと、知人からもらったことがありました。
 もし、かまわなけをればヤーコン糖、ヤーコンジュースの作り方を教えていただけませんか?それ程美味しいものなら是非作ってみたいと思います。

Re: 良い発酵菌が住みついているのでしょうね

『万年かぶら』さん こんばんは。
お久し振りです。
今年の我が家のヤーコンは全く成長が止まってしまった様な状態です。
多分暑さと、水不足の影響だと思っていて収穫を非常に心配しています。

 さてご質問の作り方ですが、何も特別なことはありません。
先ず”ヤーコンジュース”を作ります。
昔は”ジューサー”を使っていましたが、後処理(カスの処分)が大変で今は”ミキサー”を使っています。
”ミキサー”に掛けたヤーコンを”さらし”の布で絞ってジュースを作ります。

(1)このジュースをトコトコ石油ストーブで煮込んだ”濃縮エキス”がヤーコン糖です。
   蜂蜜位の粘度(と言っても様々ですが、適当でOK)にすると半年位は変質しません。
   ヤーコン茶に入れたり、煮物に砂糖代わり使うと効果的です。

   
(2)又このジュースを容器(ペットボトル/ガラス瓶)に入れて室温で1月位放置すると、・・・何と言う事でしょう”ヤーコン酢”が出来てしまいます。
   何もしていません、忘れた頃に出来上がっていたと言うのが正解です。
   これは甘くてそのまま飲むと最高です。


 ヤーコンは芋のままビニール袋に入れてで放置して置くと表面に白い菌糸が一面に繁殖します。これは”麹菌”では無いかと考えています。
ですからジュースから出来たヤーコン酢は自前の麹菌の働きで自然に出来るものだと考えています。

以上誰でも簡単、且つ失敗無く出来ますから是非今年は挑戦してみてください。

屑ヤーコンの利用にピッタリ!

お忙しいなか早速教えていただきありがとうございました。ヤーコンジュースなら屑ヤーコンで十分ですね。挑戦してみます。今年は我が家でも成長はよくありません。昨年液肥を追肥したところ1キロ以上のものも獲れました。液肥と言っても手作りした[エヒメAIⅡ」をかけただけです。
 
ズクダセさんは砂糖を使わないで全てヤーコン糖で賄っておられるのでしょうか?。ヤーコン糖はオリゴ糖なので体にはいいでししょうね。
我が家ではたくさんのヤーコン糖はできないので来年はシュガーソルゴーで糖を糖蜜作りをしてみようと先日種を購入しました。
 
 ヤーコンの新しい利用方法が一つ増えて嬉しく思います。ありがとうございました

Re: 屑ヤーコンの利用にピッタリ!

 そうですヤーコンジュースはクズ芋で十分ですから是非挑戦してみてください。

 さて砂糖の代わりに使うのは手間が掛かってそれこそ大変で、そこまでは出来ません。
しかしヤーコン糖での料理は色は悪いですが上品な甘さがあって捨て難いですね。
”ヤーコン酢”の利用拡大も課題です。
我が家では少し前までヤーコンの芋は食べなかったのですが、最近中々魅力的な作物に思えてきました。
何か面白い利用法があったら是非教えてください。

又”シュガーソルゴー”については知りませんでした。
栽培に成功したら情報聞かせてください。

シュガーソルゴーはおやつでした

シュガーソルゴー、この言葉は数年前に知りましたが私が育った高知県の村では甘蔗と言っていました。夏の暑い時、畑からとって来て押し切りで節の部分を切って除き歯で皮をむいてガシガシ噛んで汁だけを吸いカスは吐き出すという食べ方で上品な食べ物では無かったですが美味しかったです。今回買った種は高糖分(サトウキビ並みの糖度)と書いてありましたのでF1種のはずです。畑の所々に植えておき鎌で切って食べ喉を潤おそうという目的です。たくさん栽培して畑に漉き込むと微生物の餌となり土が良くなるそうです。興味がおありでしたクロニャシーズで検索するとシュガーソルゴーの種を探せます。200粒100円でした。お安いせしょう。

ヤーコンの調理方法で一番簡単なのはスライスして野菜サラダにし、酸っぱいドレッシングを使うと甘いヤーコンと合います。我が家で一番多くの消費量でしたが今年からは干しヤーコンが1番になることでしょう。きんぴらも美味しいと思います。お砂糖も出汁も使わなくてもいいので楽ちんで私の手抜き料理の一つです。
 昨日冷蔵庫の掃除をしたところ、ヤーコンのしっぽが出てきました。消耗して干乾びずもせずヤーコンの生命力に驚かされました。

畑のヤーコンは背が160cmほどになり暑い夏をのりきってくれています。
非公開コメント