つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『タンドール』(第2弾)

 『ペール缶タンドール』の第2弾を作りました。

 前作は問題なく”ナン”を焼くことが出来ました。
性能に関しては全く問題ありません。
ただ一点の問題は、”長いナン”が焼けないこと。

 ペール缶1個分の長さ(約35cm)しかないので、一般的な縦長のナンが焼けません。
本場インドでも一般的にナンは丸型だそうです(確かめたことはありませんが)、しかし日本では縦長の三角形をしたナンが一般的です。
味に違いは無いのですが、後々”禍根”を残しても嫌なので、縦長のナンが焼けるタンドールを造ることにしました。(単なる自己満足だけです)
先に造ったタンドールが非常に簡単に造る事が出来たことも再挑戦する気になった理由です。

 前回は1週間掛けて慎重に造りました。
これは実作業時間でなく、”養生期間”が長かった為です。(実作業は5~6時間)
今回は4日で完成しました。(実作業時間3時間)
慣れてしまえばタンドール造りは非常に簡単です。


Aタンドール第2弾0 <第2弾材料>


Aタンドール第2弾1 <火力調整口>

第2弾製作過程1 <本体加工>

A第2弾完成 <完成しました>


 ペール缶を2段積みした関係で重くなるのは覚悟していたのですが、残念ながら完成重量は19kgと想定以上に重い物になってしまいました。
 パーライトセメントに使ったセメントの使用量(配分量)が想定より多くなってしまったのが原因です。


2013.04.27
関連記事

Comment

非公開コメント