つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

チェンソー修理

 今年もそろそろ製材を開始したいと思っています。
その準備の一環でチェンソー(MS200)のチェーンオイルが出なくなっていたので修理しました。

 この冬場に邪魔になっていた栗の木の枝落としをしていて、ガイドバーに触ったところ異常な熱さで危うく火傷をするところでした。
原因はチェーンオイルが出ていなくてガイドバーが過熱していたのです。
オイル量調整ネジを操作しても改善されなかったので、使用中止してそのままにしてありました。

 暖かくなって来たので慌てて修理をはじめました。
しかしオイルポンプ廻りの修理は今回が初めてです。


Aオイルポンプ1 <全体像>

 ”オイルポンプ”が出てくるまで分解したいのですが、まずスプロケットの取り外しで頓挫してしまいました。
”取り説”によるとまず点火プラグを外して、付属の専用工具(プラスチック製)をこのプラグ穴から差し込んで”ピストンをロック”しスプロケットネジを廻して取り外しするようになています。

Aオイルポンプ2 <ピストンロック専用工具>

 しかしこのピストンをロックする工具が取り説の説明どおりにセットできません。
そのままでスプロケットのネジ(左ネジです)を廻すと、工具が抜けてきてネジが外せません。
無理矢理固定して廻すとプラスチックの工具が折れそうで怖くて廻せません。

 チェンソーで一番重要なエンジンの中に工具を押し込んでピストンをロックするなど、とても”狂気の沙汰”としか思えません。

 そこでWEBで調べるとこの工具を使わなくても”インパクトドライバー”で簡単に外せると書いてありました。
この方法で行ったところそのとおり簡単に外せました。
しかもエンジンには一切触らないのでエンジンを傷つける事もありません。

Aオイルポンプ3 <スプロケット取り外し>

 メーカーの取り説としては、この一番安全確実な方法を推奨方法として載せるべきではないでしょうか?(インパクトドライバーの所有の有無などは別物です)
付属工具を使うのは次善の策の様な気がします。
私は初めてスプロケットを分解したので分かりませんが、メーカーとしては工具を使う方法でも問題ないくらい頑丈に出来ていて自信があるのかもしれませんが。

Aオイルポンプ4 <切粉がびっしり>


 いずれにしろ分解掃除が出来、オイルポンプや送油パイプを圧空で吹き、ついでにチェンソー内部全体に詰まっていた切粉も吹き飛ばした結果、オイルの吐出が回復しました。

Aオイルポンプ5 <修理完了>

 まだこれまでエンジンやキャブの調整は行った事がありませんが、段々チェンソーの構造が分かってきて、イッパシの”チェンソー使い”になってきた様な気がします。(錯覚です・・・)

2013.05.01
関連記事

Comment

非公開コメント