つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

バラ剪定クズの処理

 ”バラの剪定クズ”の処分は”ソーダストストーブ”が至極便利です。

 冬場に行う”バラの剪定”。
これで発生する”剪定クズ(枝)”の処分は毎年悩みの種でした。
木の剪定クズはゴミ収集日に小さく切って紐で縛って出すと持っていってくれます。
バラも同じ様に出せますが、一定の長さに纏めるのも大変ですし、収集する人の身になると迂闊に出せません。
例年庭で乾燥させてから薪ストーブで燃やしていますが、処理に1、2日かかっていました。
しかしそれが今回は30分で完了してしまいました。

 その方法は『ペール缶ソーダストストーブ』を使う事。
ソーダスト用のペール缶を2個用意して、この中に剪定クズをギューギューに詰め込み2段重ねにします。
それを下から着火すれば、後は何もしなくても2個のペール缶の剪定クズが綺麗に燃えてなくなります。
剪定クズを詰め込むのに掛かった時間が30分。
 

A剪定クズ0 <バラ剪定クズ>

A剪定クズ1 <剪定クズ詰め込み→底の中心穴から点火>

A剪定クズ3 <燃焼初期 ⇒ 正常な燃焼状態 >


 ただ今回剪定クズが十分乾燥できていず半生状態だったので、点火から15分くらいは凄まじい白煙に包まれて当たり一面見えなくなってしまいました。
1段づつ燃やせばよかったのですが、ペール缶2個を積み重ねて点火したので余計大量の煙が発生したようで近所迷惑だったと思います。
申し訳ない !! (反省)


2013.04.17
関連記事

Comment

非公開コメント