つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

タンドール料理(ナン)

 いよいよ”ペール缶タンドール”料理の第2弾、最終目的の『ナン(nan)』を焼きました。


”タンドール”を作った目的がこの”ナン”を焼くことでした。
結論から先に書くと、”大成功”!!
生まれて初めての”ナン作り”大成功でした。


 ナンの焼方は実際には見たことは無かったのですが、WEBの画像を見て研究しておいた結果、初めてでも慌てることなく要領よく焼くことが出来ました。(と思います)
少し焼き過ぎ一部炭になってしまったのがご愛嬌ですが、これはこれで香ばしくて美味しく頂きました。

 自作した”タンドール”の性能は考えていた以上に優秀でした。
500℃まで測定できる”放射温度計”の測定範囲を軽く振り切ってしまいました。
耐熱性を心配していたタンドールでしたが、真っ赤に焼けましたが大丈夫でした。


Aタンドール1 <灼熱のタンドール>

A温度測定 <温度:500℃以上になり温度を下げるのに苦労しました>

Aタンドール3 <自作のタンドール専用調理用具・・・これが無いとナンは焼けません>

Aタンドール2 <貼り付くか心配でしたが簡単に貼りつきました>

タンドール4 <少し焦がし過ぎですが完成した”ナン”>


 カレーは極普通の和風カレーでしたが、イヤアーこのナンが実に旨かったですね!!
最初にして大成功です。
この”タンドール”中々優れものです。


2013.04.15
関連記事

Comment

非公開コメント