つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

雨水システム稼動

 本日の夜から雨との天気予報で慌てて”雨水システム”の稼動準備に入りました。


 昨年末凍結の為配水パイプの破損がありましたが、暫定修理にとどめ今年の再稼動に合わせて修理する予定でした。

 本日修理の為配水系統を一通りチェックした結果、修理不能が判明。
全て新たなパイプで再構築が必要であることが分かりました。

A破損箇所  <凍結被害甚大>

A配水パイプ取払い <結局配水系統全て撤去>

 配水系統を水道管用塩ビパイプで再構築するのも時間が掛かって面倒なので、手持ちの資材だけで簡単に出来る”散水ホース”で全て接続しました。(今年はこれが恒久です)


 ついでに”初期雨水タンク”も撤去しました。
この”初期雨水カットシステム”は汚れ除去効果は高いのですが、メインタンク用とは別に独立した配水系統が必要なことと、都度タンクの水を抜いておかないとシステムそのものが働かないこともあって、イマイチ家人の協力が得られず機能不全に陥っていました。
その為度々初期雨水カットが無いまま(初期雨水タンクが満杯の状態)使っていた事もあって、この際撤去してシステム全体の簡素化を図りました。


 間に合いました。
16:00頃から雨が降ってきました。

雨水システム2013
<今年の雨水システム全景:初期雨水タンク撤去・・・スッキリしました??>

 小雨でしたが分離装置は確り雨を取り込み出しました。
雨水タンクを設置するとこの雨水がタンクに落ちる音が非常に心地良く感じ、雨の日も楽しくなります。
それでは今年最初の雨音をお楽しみください。


[広告] VPS



2013.03.13
関連記事

Comment

非公開コメント