つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石窯用WGS改良

 畑の野菜の収穫も終盤となってきて、ここで”漬けダイコン”の収穫をしました。
現在軒先に吊るして、天日干し中です。
今年はこの半分を昨年評判の良かった”イブリガッコ”に加工します。 
そこでダイコンをスモークするため、石窯の準備を始めました。


 大分前に完成した石窯ですが、”イブリガッコ作り”でスモーカーとして使用する以外最近は本来の石窯としての使用がまったくありません。
その代り”タンドール”の方が使用頻度が高くなっています。
石窯は温度を上げるのには最低でも2時間くらい燃やさないといけないのですが、タンドールだと2~30分で十分の温度確保が出来るのが理由です。

  この石釜の温度上昇に時間が掛かる最大の原因に、燃焼室であるウッドガスストーブ(WGS)が燃焼中に立ち消えてしまうという欠点があります。


 今回イブリガッコ作りまでに少し時間があったので、先にこの点の改良を行いました。

 立ち消えの原因ですが、長時間燃やすので燃え残ったオキ(燃えカス)が1斗缶の底に溜まって底に開いている空気流入穴(Φ15)を塞いでしまい、酸欠状態となって火が消えてしまうと考えています。
そこで缶底の中央にΦ70mmの穴を開けて空き缶を追加しました。
これでオキが溜まっても中央部分だけは空気流入口を確保出来ます。
この改良は前に造った”室内用ソーダストストーブ”の構造をヒントに行いました。


a-WGS改良1
 <改良版WGS :今回1斗缶で新規に作成しました>


 この改良WGSで燃焼試験を行ってみましたが、2時間ずっと良好な燃焼を維持出来改造は成功でした。
又燃焼中に時々燃焼室(1斗缶)を揺さぶってやると灰が下に落ちて更に効果があります。(この作業には取り付けてあった取っ手が思わぬところで役に立ちました。)
この結果、1時間の燃焼で石窯の焼床は275℃まで上昇し、2時間で370℃まで上昇しました。
しかしもう少し温度が上がると更にいいと思いますが、これでもピザやナンも焼けそうです。
この石窯、まだま改良の余地がありますので引き続き検討したいと思います。
イブリガッコ以外の用途に使うにはまだまだ道のりは遠そうです。

WGS改
<燃焼試験>



[広告] VPS

<動画: 1時間後の燃焼状態です>


2016.11.05
関連記事

Comment

非公開コメント