つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ピザ焼き(石窯)

 とうとう石窯での”ピザ焼き”に成功しました。

 これまで石窯用Wood Gas Stove(WGS)での試作を繰り返して来ましたが、かなり完成度が上がってきました。
そこで前に”U字溝ロケットストーブ石窯”で大失敗のピザ焼でしたが、WGSでのピザ焼きに再挑戦してみました。

 WGSは最初の1時間は非常に順調に燃焼していて、石窯の内部温度も極めて順調に上昇していました。
しかし1時間を過ぎた当たりから燃焼状態が非常に悪くなり、ほとんど炎が上がらない状態となってしまいました。
仕方ないので一旦WGSの本体を取り出し、オキを少し掻き出して再度燃焼させた結果又順調に燃焼を再開しました。
焼き床の温度も順調に上昇し275℃を超え、ビザを投入して問題なく焼くことが出来ました。
お陰でWGSの更なる改良点も判明しました。


 さて今回のピザは自家製生地に自家製のドライトマトとベーコンなど載せた、自給率約75%(??)のピザです。
途中でWGSの燃焼不良があって慌てましたが、無事にピザが焼けました。
やはり高温の石窯で焼いたピザは美味しいですね。

・・・と言いながら、今回証拠写真がありません。
途中トラブったのと、初めてまともに焼けた嬉しさで写真を撮るのも忘れて確り食べてしまいました。


 石窯は出来たたもののここまで使えずにいただけに、これでやっと石窯を作った所期の目的のひとつを達成できました。
思い返すとこの間計画から丸1年を経過してしまいました。
それだけに本日のピザは感慨ひとしおといったところでした。


 次なる目標は”パン焼き”です。
こちらはまだ少し時間が掛かりそうです。

 
 さて『石窯用ウッドガススト-ブ』の燃焼状態の動画だけは撮ってありましたのでアップしました、ご覧下さい。

[]



2013.03.29
関連記事

Comment

美味しそうなナン

管理人さん 次から次へといい道具が出来ますね。火力の強いウッドガスストーブの試作に感心していたらもう一斗缶でなかなか普通の人が出来ないだろうと思われる完成度の高い製品を作り、続けて作ったのがタンドールという私のまったっく聞いたことのない物でししたが、ネットで検索するとなるほどと納得しました。タンドリーチキンやナンなどを焼く窯のことだったのですね。
タンドールはすばらしい出来ですね。コンパクトながら完成度の高い製品でさぞかしナンも美味しかったことでしょう。所で写真の丸い布はナンを窯に張り付ける道具でしょうか?また炭は固い炭のように見えましたがそうなんでしょうか?
実は技術があるなら私も真似をしたいところですが、作るとなると主人にほとんどをして貰うことになるため嫌がられます。
 でも管理人さんはいろんな物を作ってくれるのでおじゃまするのが楽しみです。またタンドールで美味しい物を焼き紹介して下さいね。

”タンドール”自作はお勧めです

 ”万年かぶら”さん今晩は。
何時もコメントありがとうございます。
”タンドール”前から欲しかったのですがようやく完成しました。
これは中々面白い道具ですよ。
最初燃料は炭を使っていましたが現在薪を使っています。
窯の中に五分目位薪を詰めて燃やして、薪が全て”オキ”になると窯の内部のススが消えます。
それから30分位待ってから料理すると丁度良さそうです。
非常に省エネ窯ですね。

 ご質問の”丸い布”はご推察の様に、ナンを窯内壁に貼り付ける道具です。
タオルを折畳んでTシャツの布で包んだだけですが非常に良好でした。

 このタンドール製造、テラコッタ鉢を切断できる道具さえあれば、拍子抜けするほど簡単に出来ますから自作はお勧めです。
私も現在もう少し大型の物を計画していますので、時々覗いて見てください。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タンドール作ることになりました

 ”万年かぶら”さん、こんばんは。
いよいよ”タンドール”作ることになりましたか、頑張って挑戦してみてください。
けして後悔しないと思いますよ。
窯としても使えますし、上に”五徳”を置けばカマドとしても使用できます。
利用価値の高い多目的クッキングストーブだと思います。

 私もまだ改良中なのでアップした内容が最良とも思っていませんので、何か困ったことがありましたら連絡ください。
その場合は『メールフォーム』からアドレス入れて送ってくれれば内容は公開されませんし、個別に返信が出来ます。
(名前は、ニックネームで構いませんよ)

 尚、お礼の件は謹んでご辞退申し上げます。
実際に作って使用した結果をコメントして頂ければ結構です。
以上宜しくお願いします。



> 管理人さん おはようございます。いよいよタンドール作ることにしました。テラコッタの切断などは主人に頼んで自分で出来る部分はやってみます。(たぶん主人が全部すると思いますが)
> 岡山県の山の中で田舎暮らしをしているので薪を使うのは大丈夫ですから空気取り入れ口を十分にとって制作してみます。
非公開コメント