つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石窯燃焼室作り直し(その2)

 『U字溝ロケットストーブ』は石窯に向いていない。

 この事が分かったのは遅ればせながら今年になって”Wood Gas Stove(WGS)”を幾つも試作した結果です。
このWGSはロケットストーブと比較すると発生熱量が非常に大きく出来るのが魅力です。
それと大熱量のまま連続燃焼が出来ます。
しかも燃焼している最中は全く手を出す必要がありません。
一方ロケットストーブは大熱量で燃やすと”オキ”が溜まってくるので頻繁に手を加える必要があり、連続燃焼には極めて具合が悪いのです。


A石窯WGS10 <ペール缶が入らないので一斗缶を貰ってきました>


 このWGSでは一次燃焼用の酸素(空気)と二次燃焼用の酸素の取り入れ口はそれぞれ独立しています。
これまでの各種ストーブの燃焼試験の結果、完全燃焼に近い二次燃焼の為には相当量の酸素を取り込まないと実現できないことが分かりました。
大きな熱量を発生させる為には大量の酸素が必要で、これは燃焼に必要な全ての酸素(空気)を一つの入り口から取り込むロケットストーブでは望むべくもありません。
この事に早く気付くべきでした。


 A石窯WGS3 <U字溝を撤去して”石窯用WGS試作機”と置き換え>


A石窯WGS4  <燃焼試験 :この発熱量は凄すぎ>


 元々この石窯は燃焼室であるU字溝(ヒートライザー)が破損した時簡単に交換出来る構造にしてあったので、今回燃焼室の交換は比較的楽に出来ました。
燃焼試験の結果WGSが石窯用燃焼室として非常に優秀であることが分かりました。
しかし今回試作したWGSにもまだまだ課題が多いのでもう少し試作を繰り返したいと思います。

2013.03.25
関連記事

Comment

非公開コメント