つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

タンドール

 ”クッキングストーブ”のひとつである、『タンドール』を自作する事になりました。


 ”クッキングストーブ”をWEB検索しているとこの”タンドール”が良く引っ掛かります。
”タンドール”はインド料理の”ナン”や”チキン(タンドリーチキン)”などを焼くカマド(石窯)です。
”ナン好き”な私にとって、これはもう造るしかありません。


 私が本格的なインド料理と最初に遭遇したのがイギリス出張でした。
イギリスはその昔インドを植民地にしていた関係から、どんな小さな町にもインド人の経営するレストランがありました。
ヨーロッパではイギりス料理(この存在すら疑問)はまずい料理の代名詞で、イギリス人もインド料理の方が好きなんだそうです。
この本場(?)のインド料理(タンドール料理)を食べて以来病みつきになってしまいました。
日本で食べるインド料理と全く違って非常に辛いのですが複雑な辛さで、これが又美味しいのです。
その時食べた”ナン”の味が忘れられません。


 先に石窯を自作した目的のひとつにナンを焼くことがありましたが、ナンが焼けるほど温度が上がらないことが分かったので諦めていました。
貰ってきた”ペール缶”がまだひとつ残っていたので、物は試し、『ポータブル・ペール缶タンドール』を作って見る事にしました。


Aペール缶タンドール      < CAD図面はここをクリック >



タンドール材料A <製作資材:今回上の図面の左端の物を造ります>



 設計したのは燃料として”炭”を使うタイプのタンドールです。
底の火床部分に炭を入れて使います。

 材料調達はだいぶ前から初めていて、HCで窯の本体とするテラコッタの鉢を捜していましたが、時期が時期だけにほとんどのHCにまだ置いてなくて苦労しました。
それでもやっとペール缶に入るサイズの鉢を入手しました。
テラコッタも中国製しか無いかと心配しましたが、有ったのは全てイタリア、タイやベトナム製で安心しました。(タンドールは直接食品と接触するので中国製なら使わない方が賢明だと思いますよ・・・??!!)

 今回の炉はセメントを使う設計なので、凍結の心配が無くなったのでようやく着手出来る様になりました

2013.03.31
関連記事

Comment

非公開コメント