つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

屋根板作り(その2)

  実施が延び延びになっていましたが正月に考えた『屋根板製造法』をやってみました。


屋根板分割法 <屋根板製造法>


 既に良い”栗丸太”がなくなってしまっていたのですが残り物で一通りやってみました。


A板割りA <ここまでは一先ず順調でした>


A板割りB <一見善さげに見えますが・・・>


 この方法で一応”屋根板”になりそうな事が分かりました。
実際には原料の丸太が節だらけで、均一な厚みの板にはなりませんでしたが、この方法は間違っていないと思います。
”木の素性”さえ良かったら問題なく屋根板が出来たと思います。


 昨年石窯小屋に張った昔の屋根板の長さはどれも50cm以上ありました。
それだけの板を取る『枝なし(無節)の栗丸太』が昔は沢山有ったと言うことですね。
それにしても屋根の上に何重にも重ねて置く屋根板の必要枚数を考えると、造るのは本当に気が遠くなる作業だったと思います。

 このことだけでなく色々古い物の修理をするに付けて、昔の人は今の様に物資豊富では無いのにもかかわらず本当に良くやった物だと感心させられることしきりです。

 さて今回出来た”木っ端”はクッキングストーブの燃料として有効に使わせていただきます。


2013.04.23
関連記事

Comment

非公開コメント