つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ドライアップル(その3)

 まだまだ飽きずに『ドライアップル作り』第3弾です。


 今回は”灯油ストーブ”を使ってみました。
我が家は朝だけFF式ストーブを使っていますが、その外は灯油ストーブを使っています。
もちろん電気代と灯油代の節約の為です。

 前回ペール缶ロケットマスヒーター(ロケマスヒーター)を使ってドライアップルを作る道具を作りました。
ドライアップル作りそのものはロケマスヒータとの相性が悪く成功しなかったのですが、自作の道具そのものは中々の物と思われたので今度はリベンジで”灯油ストーブ”での試験となりました。


 道具もストーブの熱が直接網に届かないように、一番下にSUSのプレートを入れました。
百均で買ったプレートですが、外周を折曲げてペール缶オーブンにも入れられる様に加工しました。


Aドライアップル31  <焼網も2段追加して6段です>


Aドライアップル32 <”ボケ”りんごが3個分載ります>

Aドライアップル33  <完成です>



 ストーブに載せて置くだけで一晩(5H)ほったらかしで6段全てが乾燥終了となりました。
大成功です。
下にプレートを追加したお陰で最下段の網に載せたリンゴも焦げずに確りドライに出来ました。
これで全く手間を掛けずに、しかも余分な燃料代も掛けずに毎晩ドライアップル作りが出来ます。


 以来毎晩3個分の”ドライアップル作り”を続けていますが、一度も失敗がありません。
おまけに”ボケ”リンゴ程美味しいドライアップルが出来ます。
これはどんな作り方でも美味しいドライアップルになると言うことのようです
”リンゴ”という素材そのものが素晴らしいと言うことだと思います。

一度騙されたと思って作ってみてください。


2013.03.03

関連記事

Comment

非公開コメント