つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ドライアップル(その2)

 ペール缶ロケットマスヒーターを使って”ドライアップル”を作るペール缶オーブンを作りました。

 先日石窯を使っって”ドライアップル”を作りましたが、大好評で2個分はアッと言う間に食べられて終わってしまいました。
石窯でのドライアップル作りは、温度管理が難しいのと、スモーク臭がやや気になるところでした。(これが市販品と違って美味しいとの意見もありました)
そこで先日作ったペール缶ロケットマスヒーターを使ってドライアップルが出来ないか検討していました。

 今回試作したのはペール缶製の”オーブン”です。

ドライアップル11 <ペール缶オーブン全貌>

ドライアップル22 <ペール缶オーブン内部構造>

Aドライアップル5 <完成したドライアップル>


 3時間掛かってドライアップルは一応完成しました。
一番下段は十分乾燥していましたが、一番上はまだまだです。
厚みの厚いものも十分乾燥できていません。
中々難しいです。

 一番の問題は”ロケマスヒーター”の燃焼。
3時間連続で燃やしましたが、3時間同じ状態で加熱できたかと言うと甚だ問題です。
このロケマスヒーターで一定の燃焼状態を維持するのは非常に難しいと思います。
途中で”オキ”が溜まってきて、燃焼状態が悪くなり、極端に熱量が上下する様な燃焼となってしまいました。

 しかし完成した”ドライアップル”は乾燥したものも生乾きのものも、中々美味しい出来でした。
今度は煙臭さは全くありません。
味は問題ありませんが、作り方はまだまだ研究が必要です。
この道具を使う限り、少なくてもロケットマスヒーターは適当では無いと思います。


2013.02.23
関連記事

Comment

非公開コメント