つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ドライアップル

 石窯を使って”ドライアップル”を作ってみました。

 久し振りに石窯を使ってみました。
今朝の最低気温は今シーズン最低の-15.3℃、おまけに真冬日でした。
気温が低くて温度が上がらないと思われるので、低い温度で出来る”ドライアップル”作りです。

 先日産直に行ったらリンゴが安くなっており、しかも”加工用”と書いてある破格値の物も多く出てきていたので購入してきました。
昨年も今時分加工用のりんごを購入して”ドライアップル”を作って非常に美味しかった覚えがあります。
昨年は温度管理が可能なガスオーブンで作りましたが、今回は温度管理が難しい(出来ない?)石窯でわざわざ作ってみました。

 石窯で作る”ドライアップル”は一般的にはピザやパンを焼いた後の”余熱”で作るようですが、今回は燃焼試験がメインの目的なので、薪を燃焼させながら行いました。
温度は120℃~150℃で1時間が良いそうです。


ドライA1 <原料のリンゴ>

ドライA2 <石窯内部>

ドライA4 <完成品:見た目からは想像できない美味しさ>



150℃前後に保つのは非常に難しく、結局焼床温度で100℃~190℃を何度も上下する結果になりました。
それと温度が上がり過ぎたり、下がり過ぎた都度、薪を引いたり投入したりでとても完全燃焼とは云えない状態で煙が大量に発生する事態となりました。


 温度が時々高くなってしまったので”ドライ”と言うより”煮リンゴの乾燥品”状態になっていました。
煙が大分出ていたので燻製状態になるかと心配しましたが、完成品は煙臭さは多少ありましたが気になる程ではありませんでした。
今回の様に石窯で薪を焚きながらでもドライアップルは出来ますが低い温度での安定性は無く、やはり余熱で行った方が良さそうです。
以上燃焼試験は悲惨な状態でしたが、それにも関わらず味は”一級品”でした。

2013.02.17
関連記事

Comment

非公開コメント