つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ペール缶WGS(その2)

今日は”3.11東日本大震災”の日ですね。
私も2年前の震災避難所生活で煮炊きや暖房で苦労しているのを見て、”ロケットストーブ”に本格的に取り組みを始めましたが、今回のWGSの燃焼試験結果から、これがもう少し早く完成していたら少しは役に立ったのではと残念な思いです。


 さて前回造った”ペール缶WGS”の改良版です。
先日最初の”ペール缶WGS”の燃焼試験を行いましたがあまり良い結果でなかったので詳細はアップしてありません。

 この結果を受けて早々に今回改良を加えました。
このWGSは戸外で使う前提(室内では使えない)なのですが、風があるとまともにこの影響を受けクッキングストーブとして上手く使えません。
そこでペール缶を上に1個追加して”風防兼鍋受け”を作りました。

クッキングWGS11 <(左)2次燃焼筒/(右)風防兼鍋受け台>


 今回行った初回WGSからの改良点です。
  ①ペール缶で風防兼鍋受け台増設。
  ②二次燃焼筒に空気穴追加。
  ③本体のペール缶燃焼室側面に薪投入口追加工。


AクッキングWGS <完成したペール缶WGS>

燃焼試験 動画1 <燃焼状態>


燃焼試験 動画3 <2次燃焼状態:綺麗に燃えています>


 ペール缶に半分ほど薪を詰めて着火しましたが、かなりの発熱量です。
燃焼がピークの時には熱くて近づけません。
このストーブは燃焼中には火力コントロールが一切出来ないので、着火する時は薪の量は少なめにしておいて、様子を見ながら追加投入するのが良さそうです。
そこで今回その目的で薪投入口を設けました。

 煙は最初だけで後はほとんど出ませんが、後で蓋の裏を見たら結構なススが付いていました。
綺麗に2次燃焼はしていましたが、完全燃焼にはほど遠いようです。



[広告] VPS

関連記事

Comment

非公開コメント