つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ダボ加工機(Dowel Maker)

 『ダボ加工機器(Dowel Maker)』を作りました。

 前にもダボ加工機は色々検討していて一先ず『エンピツ削り方式』で決着していましたが、ここで新たな簡易加工機を作りました。

 先の”エンピツ削り方式”は加工方法としては非常に優秀で、任意の径に加工できます。
しかし径の微調節が出来るのは良いのですが逆に段取りが大変で緊急に欲しい時には対応に苦労していました。


 そこで新に簡単に作る方法を試してみました。
しかしこの新たな方法は残念ながら独自開発ではありません。
WEB検索して見つけた中から簡単に出来そうなものを選んでトライしています。(”Dowel Maker”で検索してみてください)

 因みに”出典は此処”です。

Aダボ加工機1 <廃材の鉄板を使って加工>

Aダボ加工機2 <加工部詳細>

Aダボ加工機3 <加工品>


 刃の部分の加工精度が大変ですが、径の違うものを沢山作っておけば便利です。
この刃具が一度出来てしまえばダボ加工は至極簡単になります。
加工精度が高く、肌が綺麗なものが出来ますから”ダボ加工”には最適です。
今回焼を入れていませんが、少し厚めで焼を入れられる材料を使って作れば耐久性の高いものが作れると思います。

2013.09.29
関連記事

Comment

非公開コメント