つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ガス警報器

 ”LPガス機器の点検”があり朝ガス会社の検査員が来たので立ち会いました。

 点検作業は4年に一度だそうで、道理でこれまで一度も経験したことがありませんでした。

 点検は短時間で問題なく終了しました。
その時『ガス警報器』を新品と交換していきましたが、台所にもう1台”ガス警報器”が有る事に気づきました。

Aガス警報器1 <30年前のガス警報器>


 検査員の方がこれを見て、「多分家を新築した時、工務店で付けた物でしょう。」と云う事になりました。
30年前の代物です。
ガスセンサーは最長でも5年しか持たないと言う事なので、25年無駄に電気を食っていた事になります。


 「自分で処分して下さい。」と言う事で、それならばと早速分解してみました。
こういった電気製品を処分する場合は何時もの癖で必ず分解したくなってしまいます。


Aガス警報器2 <ガス警報器に電磁ブザーは使ってOK??>

Aガス警報器3 <①基板腐食が結構大きい、②半田付けなし(初期不良)1箇所>


 当時は国内で基板を作っていたと思いますが、これはあまり良い出来ではないですね。
と云うよりはっきり言って、②のトランスの半田付けは明らかに欠陥品です。
これですから私の経験からも、『接着剤固定と半田付け固定』はイマイチ信用出来ません。
これは”笹子トンネルの天井板崩落”で実証済みですね。





関連記事

Comment

非公開コメント