つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

Wood Gas Stove

 『ウッドガスストーブ』と云うものを作りました。

 ”クッキングストーブ”の検討を色々やっている中で、”ウッドガスストーブ”と言うものが非常に気になっていました。
これまで”ロケットストーブ”を何台も造って試験を行ってきましたが、かなり不満のあるものでした。


 ロケットストーブはヒートライザー内で高温で2次燃焼する為完全燃焼するといわれているようですが、どうもこの辺が一番怪しいところです。

クッキングストーブとして使った場合、煙は出ていなくても鍋の底にススがビッシリ付きます。
これは完全燃焼出来ていない明らかな証拠です。
又暖房用として使った場合も発生する熱量が極めて小さく、多いに不満が残ります。
それに火の番の為に四六時中ストーブに貼り付いていないと上手く燃えないところが一番のストレスです。
特に縦型焚口の場合は最悪です。

巷では”夢のストーブ”とか”究極のストーブ”というような言われ方がされている節もありますが、そんなことは無くまだまだ発展途上(限界?)だと言うのが経験上から来る私の結論です。


 今はロケットストーブに代わる薪ストーブを捜しています。 

 そんな中でこの”Wood Gas Stove” に注目しています。
このタイプは色々あって更に名称も”TLUDストーブ(Top Lit Up Draft stove)”、または”バイオマスストーブ”、あるいは”2次燃焼ストーブ”と様々に呼ばれています。(その外”Camping Stove”や”Garden Stove”という呼び方ある様ですが流石にこれは範囲が広過ぎて適当ではありません)


 昔オートキャンプを始めた頃(30年も前の事です)も既にこのタイプのストーブがありましたが、どれも非常に小さいものだったので馬鹿にしていて見向きもしなかったものでした。
しかしクッキングストーブを検討しているとしばしば登場し、どうもこのストーブがクッキングストーブとして極めて優秀であることが分かってきました。

 非常に気になるものなので、粉ミルクの空缶を使って極めて小さな物ですが1台試作品を造って試験をしてみる事にしました。

AWGS1.jpg  <構成部品:全て小さな空缶です>


AWoodGasStove.jpg <組み立て品>


AWGS4.jpg <燃料として少量の木屑を入れて着火>


WGS15.jpg <燃焼状態、2次燃焼の筋が見えます>


AWGS20.jpg <最後に炭が残りました>


 驚いた事に極めて少量の木屑にも関わらず結構長い間煙も出さず燃え続けました。
更にこのストーブは投入した薪が最後まで燃え尽きずに、一部が炭として残るのが特徴です。
木を蒸し焼きにして出てきたガスをストーブ用として燃やして料理に使い、ガスが出尽くした木は炭として残るので又有効利用できるのです。
極めてエコなストーブだと思いませんか。

2013.02.11

関連記事

Comment

非公開コメント