つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『クッキング ロケマスヒーター』(その3)

 長尺金物(長さ90cm)を加工した”締め付けパンド”でペール缶2個を機械的に連結しました。
上のペール缶は全く何も加工してない物で、単に逆さにしてかぶせてあるだけです。
多分このストーブの一番の消耗品はこの上部のペール缶になると思われるので、もっとも簡単に交換出来る構造にしました。


 これで”ペール缶クッキング ロケマスヒーター”の完成です。
いよいよ最終確認の為の燃焼試験ですが、暖かくなって来たものの外でやるのはまだ寒過ぎるので作業場内で行いました。


Aレケマス完成 <完成品設置状態/これが縦型焚口状態>


 これまで作業場で使っていた”薪ストーブ改造ロケマスヒーター”を隅に片付け、その煙突に接続設置しました。


 紙を丸めて焚口に入れて点火したところ、火の付いた紙がアッと言う間にヒートライザーに吸い込まれていってしまいました。
これまでのロケットストーブでは経験したことが無い吸引力です。
薪が安定して燃え出してから”非接触温度計”でストーブの温度分布を測定しました。


Aレケマス温度分布 <温度分布:数値は℃>


 焚口及び本体以外はそれほど温度が上がっていません。
煙突上部は手で触ってもヤケドしない温度です。
ただ実際に手で触ると測定値より相当温度が高い気がします。
非接触温度計はSUSエントツの様な光沢表面の測定は苦手のようで実際の温度とはかなり違いがあると思います。


 エントツ製の焚口には大量の薪が入れられないので発生熱量はあまり高くありません。
焚口に薪をいっぱい詰め込んでも、空気の流入量との関係で上手く燃えません。
ロケットストーブの欠点として、焚口の大きさで燃焼量の上限値が決まってしまうことがあります。
それと”縦型焚口”と”横型焚口”では縦型の方が発生熱量が小さいようです。


 後で”横型焚口”を使ってみましたが、こちらのほうが温度が上がりました。(上部MAX270℃)
それにしても”ピザ”を焼くにも300℃位は欲しいところなので、これでは少し心配です。



A内部 <内部の様子>


 半日燃焼を3回(3日間)実施した後ヒートライザーカバーのペール缶を外したのがこの写真です。
内部に焚付けに使った”紙”が大量に残っていました。
ヒートライザーの吸い込みがいかに強いかを物語る物だと思います。

2013.02.01
関連記事

Comment

非公開コメント