つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石臼・粉受け皿

 先に整備した石臼で時々製粉をしています。
製粉した粉を集めるのに石臼の下に大きい紙(使い古しのカレンダー)を敷いています。
しかし十分大きな紙でないのと縁がないので、時々粉をこぼしたりして苦労していました。

 そこで石臼の下に置く『粉受け皿(箱)』を作ることにしました。

 最初は市販品に良くある簡単な四角の箱を設計しました。
その材料探しをしている時、ふとトベランダの隅の”漬け物桶”が目に入りました。


A石臼受け箱1 <底抜け古桶>

 これは昔実家から漬け物桶としてもらった物ですが、何時か使わなくなり燃やすのも忍びないと思ってベランダの隅に放置したままでしたが、今は朽ち果てる寸前のようなものです。
底は落ちて割れていましたが側面はまだ確りしていたのでこれを使って”丸い受け皿”を作ることに急遽設計変更しました。


タガを締めて、ワイヤーブラシで磨いたら大分綺麗になりました。

A石臼受け箱8 <ワイヤーブラシ磨き→コンパネの底はめ込み>


A石臼受け箱7 <樽切断→粉回収穴明け→柿渋+クルミオイル塗装>


A石臼受け箱10 <完成>

2013.02.03

関連記事

Comment

非公開コメント