つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

コンニャクの石臼製粉

 石臼を使って”コンニャク荒粉”の製粉をやってみました。 

 先に”コンニャク荒粉”を”電動ミル”で製粉してコンニャクを作りました。
初めてのことで苦戦しましたがこれはこれで美味しく食べることが出来、それなりの評価をもらいました。
しかし舌触りだけは少し”ザラザラ”でイマイチでした。
原因は電動ミル製粉で出来た粒子のサイズが大き過ぎたのではないかと思います。



 今回は電動ミルに代えて”石臼”で製粉してみました。
石臼を整備した本来の目的がこの”コンニャク荒粉”の製粉です。


Aこんにゃく石臼製粉2 <石臼で3回製粉>


 石臼挽きした粉を2種類のフルイで分けました。
①蕎麦粉用フルイ :メッシュ不明ですが非常に細かい
②ケーキ用フルイ :比較的目は粗い
この①のフルイを通った粉が”とび粉(デンプンの多い粉)”で、①を通らず②のフルイを通った粉が”コンニャクマンナン”の含有率が高い所謂”精粉(せいこ)”だと思います。
”とび粉”を除去して再び石臼に投入するのを3回繰り返しました。
”コンニャクマンナン”の粒子を小さくするのは結構大変な事です。


A製粉上がり <製粉後2種類のフルイで分類>


 <今回の石臼製粉結果>
  ・投入荒粉重量  : 164g
  ・精粉重量    : 127g (77.4%)  
  ・とび粉重量    :  21g (12.8%)
  ・廃棄その他    :  16g ( 9.8%)・・・この内実際に回収出来たのは3g、13gは不明/飛散した??

 
 この石臼はコンニャク荒粉の製粉では非常に優秀なことが分かりました。
前回上手くいかなかった大麦の製粉からもう少し”目立て”が必要と考えていましたが、一旦このまま使ってみる事にします。

2013.01.17
関連記事

Comment

非公開コメント