つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ソーダストストーブ(その1)

 『ソーダストストーブ』を造ってみました。

 海外では”ソーダストストーブ”の歴史は相当古いようです。
個人的には最近注目の”ロケットストーブ”はこれが原型で、これから発想されたのではないかと考えています。


 先に正月の暇に任せて”クッキング ソーダストストーブ”の設計を行いましたが、現在これに基づいてドラム缶とペール缶を使って実際に造るための準備をしています。
ところが”ソーダストストーブ”を非常に簡単に手持ちの機材で試験できる方法が閃いたので早速やってみました。


 今回造ったストーブのベースは『焼却炉』です。
その昔は自宅で自由にゴミ焼却をしていましたが、その時使っていた焼却炉です。
今は”野焼き禁止”のご時勢でしばらく前からお蔵入りになっていました。
結構厚い鋼製でまだ確りしていたのでそのうち”ロケットストーブ”に改造してみようと思っていましたが、まずここで”ソーダストストーブ”に改造してみました。
作業場で大量に発生するオガクズやカンナクズの処理は通常は堆肥にしていますが、冬場寒いので堆肥処理が難しくなります。
そこでそれを暖房に使って見ようとの目論みです。


 焼却炉の下部の穴を1箇所だけ単管を入れる為の丸穴のある鉄板をネジ止めし、残りは全て塞ぎました。


Aソーダスト1 <焼却炉/改造前>


Aソーダスト2 <改造後/灰取口に丸穴付鉄板取付け>
 

2013.01.21

関連記事

Comment

非公開コメント