つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『荒粉』でコンニャク作り

 昨年生コンニャク芋を乾燥させて作っておいた『荒粉』を使って初めてコンニャクを作ってみました。 

今回製粉は『電動ミル(ミルサー)』を使いました。
WEBで調べたところ、荒粉の製粉で”ミキサー”や”フードプロセッサー”を壊した人の書き込みがあったのでボールの中ですりこぎで確り砕いてから投入したので問題なく製粉することが出来ました。
しかし何回も繰り返し製粉したのですが、結果的にはまだ十分細かくなっていなかったようです。


<材料>
・製粉した荒粉重量  :50g
・炭酸ナトリウム   : 9g
・水         :1.6リットル



<製造過程>

A粉砕 <荒粉粉砕> 


A荒粉コン1 <コンニャク粉を60℃の湯に溶く>




A荒粉コン2 <炭酸ソーダ投入>

A荒粉コン3 <型に流す>


A荒粉コン4 <60分放置後、30分煮沸>


 完済したコンニャクは”生芋コンニャク”と比べると非常に柔らかく”さしみコンニャク”としては結構美味しいものになりました。


 しかし色々課題もあります。

 ・凝固剤の投入量が良く分からない。 ・・・今回少な過ぎか?
 ・非常に柔らかい。・・・バット等型で成形すると柔らか過ぎて上手く取り出せない。
 ・食感が悪い。・・・柔らかい(水っぽい?)上に肌理(きめ)が荒く、ザラザラ感がある


 私としては初めてのコンニャク作りだった事もあり良く分からないところだらけでした。(鬼の居ぬ間にやったので)
まだまだ修行が足りません。

2013.01.07
関連記事

Comment

No title

はじめまして岡山で田舎暮らしをしています。コンニャクイモの荒粉づくり、実は私も昨年はじめに作ってみました。そして年末に荒粉のコンニャクを作ってみましたが美味しくありませんでした。友人に荒粉を作ったと言うとコンニャクは生芋で作るのが一番美味しいのになぜそんなことをするのかと笑われてしまったのでした。でも、やってみないと分からないことですし一度干しておけばいつでもすぐにコンニャクが出来るという便利さはあります。

しかし、私はもう荒粉は作りません。やはり圧力鍋で蒸したものを冷凍しておいたのが一番美味しいようです。でも冷凍庫はコンニャクや発酵黒ニンニクなどでいっぱいで、お餅を入れるスペースも無くなってしまいました。

ところで管理人さんもコンニャク芋は4年間育てておられるのですね、私も実は4年物を使うのがほとんどです。ちょっと固めのが良いときは3年物を使う場合もあります。私のコンニャク芋はマンナン量が少ないので刺身コンニャクにすると柔らかくとても食感がいいんです。兵庫県で昔から植えられていた古い品種だそうです。

私は管理人さんのように大きくは育てられないですけど芋1個で随分の板コンニャクが出来ますし、糸コンニャクを作ったりもしています。近くの友人の作るコンニャク芋はハルナグロという種類でマンナン量が多いのですがおからコンニャクを作ったのは美味しいです。固くなるコンニャク芋でならの味で時折もらって食べますが、大根とおからコンニャクの千切りと一緒に炊くと切り干し大根のような味になりおいしいです。肉汁を入れて炊くとお肉を食べている感じがします。

管理人さんは薫製をされるようですが、醤油で薄味に炊いたコンニャクを棒にさして薫製にすると意外と美味しいです。以前持ち寄りの宴会の時に持参したら評判よかったです。まだ作ったことがなければ試してみませんか?。

Re: No title

万年かぶらさん こんばんは

 コンニャクの沢山の情報ありがとうございます。
昨年初めて”荒粉”を作ってみました。
コンニャク作りは女房が何時もやっていますが、生芋だと半年程度しか持たないと聞いたので1年中作る為の対策です。
まだ”荒粉”での作り方を習得していないので良い結果が出ていません。
製粉の問題もあるのでもう少し挑戦してみる積りです。

 コンニャクにも色々種類があるんですね、知りませんでした。
私のは頂いた芋をずっと栽培していまして名前も良く分かりません。
今後色々の種類も試してみたいと思います。
又燻製作りにも挑戦してみたいですね。
結果はブログで報告していきたいと思いますので、たまに覗いて見てください。


非公開コメント