つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石臼整備

 『石臼』の整備を始めました。


 何しろ”石臼”の現物を間近に見るのも使うのも初めてです。
回転方向があることも知りませんでした。(反時計廻りです)
NETでひとつひとつ調べながらの整備となりました。


 まず”当たり”を見ます。
当たり箇所を見やすくする為、一般的に確認の為チョークや炭を塗って行うようですが、濡れた布で表面を拭いてから回転させると”当たり箇所”が非常に良く見えることがわかったのでこの方法で全て行いました。


A石臼1 <石を濡らして取りあえず両手で回転させます>

A石臼2 <1回目:当たりが内側過ぎるようです>

A石臼3 <1回目の研磨:当たり箇所だけ研磨>

電ドルに”軸付き砥石”を付けて、上下臼の当たり箇所だけ研磨します。
ディスクグラインダーに石研磨専用のディスクを付けてやるのが効率的のようですが、無いのであるものでやっていますが砥石がどんどん減ります。
これを何回も繰り返し当たりが最外周だけになるように修正していきます。


A石臼4 <5回目:当たりは少ないが外周に移動しています>


A石臼5 <10何回目??:外周に当たりが出てきました>


 何しろ石臼は重いので、持ち上げるのも大変になってきてこの辺で一旦研磨終了。
以降実際に製粉して様子を見てから判断する事にしました。


A石臼6 <仮ハンドルなので位置を横にずらせて取り付け>

 試験の為”仮ハンドル”を取り付けました。
本来は”L字型”の木の枝を使うようですが適当なものがないので、この様な木片(栗材)を加工して番線で固定しました。
ハンドルは昔(40年前)の登山用の”家型テント”のポール・トップ(フライを取り付けるための軸)を2個重ねて使用。
両手で廻してもハンドルが個々に回転出来るので石臼を軽く廻すことが出来ます。
非常に具合がよいのでこのまま恒久としても良いのかもしれません。

2012.12.23

関連記事

Comment

非公開コメント