つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石臼

 奥さんの実家で”石臼”を見つけました。
 漬け物小屋で”漬け物石”になっていました。 



 前から蕎麦粉の自家製粉用に”石臼”が欲しいと思っていましたが、ここに来てコンニャクの”荒粉”の製粉用に是非欲しいと思っていたところでした。
”荒粉”は非常に硬いので”ミキサー”や”フードプロセッサー”で粉砕すると機械を傷めてしまう様なのです。



A石臼1 <石臼上下>

 この石臼、”目”が少し湾曲しています。
WEBで調べてみたら日本の石臼は直線がほとんどで、”曲線目”は非常に珍しいようです。
しかし欧米では曲線が主流で、小麦や大麦の製粉では直線より効率良く製粉出来るそうです。


 石臼での製粉加工がどのように行われるのか”石臼の目”の動きを確かめる事にしました。

A石臼2 <写真から目を透明シートに転写>

A石臼3 <シートを切り抜いて重ね回転させてみました>


 この結果石臼はかなり偏芯していることがわかりました。
この為余計外側に押し出す力が働くように見えます。
それにしても昔の人の知恵は凄いですね。
これは実際に製粉をしてみないわけにはいきません。

 しかし長い間”重石”として使われてきた物ですし、回転させる為のハンドルもありません。
早速この石臼を整備する事にしました。

2012.12.21
関連記事

Comment

非公開コメント