つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

プレーナー修理

 今日は本当に寒い一日でした。
多分今季最初の”真冬日”?
この影響か 『プレーナー(自動カンナ盤)』が突然動かなくなってしまいました。

スイッチを操作しても”ウンともスンとも”言いません。
昨日使った時には特に異常はなかったのですが。

 ”モーターの故障だと厄介だぞ”と思いながらテスターでチェックをしていきました。
”電源スイッチ(SW)”に導通がありません。
特殊な形状なのですが形状さえ気にしなければ1回路のSWなので交換自体は簡単ですが、・・・


 ”ダメ元”で分解して様子を見る事にしました。
ところがこのSW、いとも簡単に内部まで分解できる構造になっていました。

AプレーナーSW1 <動かなくなったプレーナー>


AプレーナーSW2 <SW部>


AプレーナーSW3 <やはり導通がありません>


AプレーナーSW4 <SW内部です>

AプレーナーSW5 <クリーニングして再組立しました>


分解して内部を見たら接点部にベッタリ結構大きな切粉が入っていました。
これが導通を妨げていた原因でした。
内部をクリーニングして組み立て直したら問題なく動きました。


 私は現在このメーカーの工作機械を外に4台持っていますが、どれも同じ様なSWです。
多分どれも同じ様に分解掃除できる構造だと思われます。
今回は最初悩みましたが、分かってみると非常にシンプルな構造で短時間で分解掃除が出来ました。 
一般的にこのような箇所には防塵構造のSWを使う所です。
しかし今回修理を終わってみると、不具合が発生したら即座に誰でも簡単に分解掃除で復帰が出来る構造のSWもアリかな、と思えるようになりました。

 DIY先進国のアメリカ、『これがDIY用機械の真髄なのだ!!』を実感させられました。


2012.12.09
関連記事

Comment

No title

こういう記事は私にはありがたいです。
これでテーブルソーが突然動かなくなっても心当たりができちょっと安心です。
このくらいのチェックなら私でもできそうです。

電気製品にトラブルがあると廃棄の前に修理のため分解するのですが修理できたことがまずないんです。
最近では餅つき機が回らない、コーヒーメーカーのスイッチが入ったり切れたり。。。
結局廃棄処分、疲れます。

テスターが欲しいと思うのですが、導通がないと知ってもその後どうしたらいいのかわからず、買うのをためらってしまいます。
私に出来るのは目視で断線していたら接続しなおすくらいですが、最近ではプラグなど一体式になっており分解さえ出来ません。

クロアチアに行ってきました。
ワインとビールが楽しみのひとつでかなり飲んできましたよ。
国内大手のビールがどうもいまいちと思うのは一緒のようです。

Re: No title

 私は機械や家電製品が故障した場合、必ず一通り分解修理する事にしています。
その結果かなり元通り使える様になります。
又完全に元に戻らないまでもそこそこ使える物も結構ありますし、最悪直らないものは使える部品は剥ぎ取っておいて後で便利に使っています。(電源コードなども取っておくと良いですね)

 さて最近の家電品は回路が非常に複雑で手を出しにくいのですが、それでも捨てる前に基板のハンダ付け部分にハンダゴテを当てて(新しいハンダを盛る)様子を見るようにしていますがこれだけで結構回復するものがあります。
これは回路が分からなくても問題ありません。
海外品(特に中国製)は半田付け品質が悪い(腕も悪いが、ハンダそのものの品質が悪い)ので、”ダメ元”で一度やってみる価値があると思います。
但し”自己責任”になりますのでご注意ください。

No title

ハンダ付け部分にハンダゴテをですか、考えてもみませんでした。
見た目でくっついていれば問題なしで済ませていました。
これならできます、今度試してみます。
また修理の記事お願いしますね。

Re: No title

ジビエさん今晩は

そうなんです、ハンダゴテを当てることで”目に見えないショート(マイグレイション・ショート)”が同時に直る可能性があり非常に有効な手段だと思います。
そういっても回路に通電せずに、ハンダ付けは1端子づつ慎重に行ってください。



非公開コメント