つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

栗の古材

 『栗の古材』を貰ってきました。

栗古材1 <栗の古材>


 昔『揚げ板(”室”の蓋とした板)』で使っていたものらしいです。
保管状態が良かったか、数十年前の代物の様ですが、非常に確りしています。

とりあえず水で洗って両面を自動カンナで少し削ってみました。



栗古材2 <<カンナ掛け上がり>>


 非常に美しい木肌が蘇りました。
普通、杉や檜などは古材でもカンナ掛けで少し表面を削ると、製材した時の様な明るい綺麗な木肌が出ることが多いのですが、この栗の木は違います。
黒味が掛かった褐色で、これが又非常に渋くて美しいです。


 当初この古材で自作石窯の土台部分の扉を作り直す予定で貰ってきました。
ところがこの美しい色の木肌を目の当たりにして屋外の物に使うのは勿体無く思えてきました。
と云う訳で石窯の扉は既に2×4材で造ってあるもので我慢することにしました。

2013.09.27
関連記事

Comment

非公開コメント