つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『南木曽岳』登山

 山岳会の本年度計画の最後となる『南木曽岳(1,679m)』に登ってきました。


 心配した天気でしたが、時々適当な日差しがあり展望もまずまずで思わぬ登山日和となりました。(こんな時は『リーダーのお陰』と言うことになっています)
しかし山の標高は1679mと低いのですが、登りも下りもかなりの急登、下降で”ハシゴ”と”くさり”の連続でした。
この山で雨に降られると”木の根”や”木製の梯子”が滑って大変だと思われましたが、最後まで降られる事が無く無事に下山できました。


A南木曽 紅葉 <登山道は紅葉の盛り>

A南木曽22 <写真ではそれほどに見えませんが、実際は凄い急登、下降でした>

A頂上付近  <南木曽岳頂上付近>


 この山は標高に見合わず中々侮れない山で、今年の最後を飾るにふさわしいハードで楽しい山でした。


 これで今年の山岳会の行事も12月の”忘年会”を残すだけになりました。
来年の山行まで5ヶ月間あり、この間”体力”、”体重”の維持に毎年大変苦労しています。(気合だけでは無理ですから、・・・)
毎年失敗を繰り返している訳ですが、今年はどうなりますか !!?? 


2012.11.07
関連記事

Comment

非公開コメント