つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

屋根板張り

 石窯小屋の『屋根板』を張り始めました。


 材料は先日発見した昔の『千枚板(屋根板)』です。
自作の屋根板製造もまだまだ挑戦中で、見つかった屋根板を見ながら製法を研究していますが今だ良く分かりません。
自作品は出来るか出来ないかも分かりませんし、出来たとしても優に冬を越しそうなのでこの際苦肉の策です。


 さて最初は練習も兼ねて作業のし易い側面の壁から開始。
先ず壁全体に”防水シート”を張ります。
専用防水シートもあるようですが、今回幅300mmの”畦畔(けいはん)シート”(田圃の漏水防止シート)を使いました。
耐久性が高くて、安いのが一番の選定理由ですが、幅を切る手間が要らないのも大きな理由です。
昔作業小屋を自作した時、基礎コンクリートと防腐土台の間に”防水シート”の代用としましたが今のところ問題ない実績があります。



A防水1 <防水用に畦畔(けいはん)シート>



A防水シート張り <全体に防水シート張り>


A板張り 側面2 <側面の板張り>


 ”屋根板”は幅も厚みも不揃いで、更に長期保管で風雨に晒された為”反り”の大きな物があったりて非常に施工が難しいです。
順番に張っていく必要があるので後から気が付いて途中の1枚だけ修正したいと思ってもそこまで剥がさないいけないので諦めたところもあります。(いっぱい)
美的センス(?)も要求され中々手間の掛かる作業でした。

2012.12.15
関連記事

Comment

非公開コメント