つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ヤーコン茶

 いよいよ寒くなってきました。
もう我が家では石油ストーブを出してきて使っています。

そうなるといよいよヤーコンやコンニャクの収穫も間近です。
これまで肥料は一切やったことがなかったのですが、今年は初めて自作の堆肥を入れました。
消毒は相変わらず1回もやりませんが問題ありませんでした。
と言う訳で今年もめでたく無化学肥料、無農薬、有機栽培となりました。(放任栽培の間違いでは ?)


 これまでの最低気温は3℃でした。
急に寒くなってきたので、しばらく前からヤーコン葉の収獲に追われていました。
”霜”が来るとほぼ1発でヤーコン葉は黒く変色してしまうので、お茶にすることが出来なくなるからです。
もう数回採取して乾燥させていますがほとんど自分で飲むだけなので、葉っぱも取ったかどうか全く分からないくらいの量です。


Aヤーコン茶1 <今年のヤーコンの状態、手前のコンニャクは枯れ出しました>

Aヤーコン茶2 <ヤーコン葉乾燥>


Aヤーコン茶3 <ヤーコン茶の真空パック詰です>


 私はほぼ毎日飲んでいます。
”害が無さそう”なので飲んでいると言ったところです。
果たして何か効果があるのでしょうか ??(・・・”特保”と同じです!!??)

2012.10.29

関連記事

Comment

非公開コメント