つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石窯パンの続き

 我が家は『味噌』と、『醬油』にはちょっと五月蝿いです !?

 昔は良く蕎麦屋やパン屋巡りを行っていましたが、行った先々でついでに旨そうな”味噌”や”醬油”を買い求めてきました。
しかし結局それほど美味しいものに当たらないので”味噌”は手作りを始めました。
まったく何も特別な製法をしている訳ではありませんが、これがどこより美味しいのです。
”醬油”も将来的には自作したいと思って検討はしているのですが、設備も大変で且つ奥が深そうで中々踏み切れないでいます。


 そんな中で昔南信に美味しい醬油を見つけて、しばらくは通販で購入して使っていました。
ところがその醸造所の経営者が代わってから、やや味が落ち、送料も一気に高騰したのでやめてしまいました。
今年春先飯田市に行った折、その醬油を久し振りに目にして”買い占めて”きました。
しかし味はやはり昔ほど美味しく感じませんが、大量に買ってきたので最近まで使っていました。(そうは言うものの市販の大量生産品よりはるかに旨いものです)


 ところが先日”ロケスト石窯パン”を買い出しに佐久方面に行った帰り、少し遠回りをして帰る途中で『幻の醬油』と言われている醬油と偶然遭遇してしまいました。
これはもう買うしかありません。


A醤油1 <ようやくめぐり合った醬油/醬油差はサービス品>


 お陰で少し時間を食ってしまい、暗くならないうちに峠を越えたいと、思いっきり飛ばしましたが峠の頂上目前で日没になってしまいました。


A醤油2 <夕闇迫る八千穂高原の紅葉>


A醤油3 <麦草峠からの夕焼け>


 久し振りで見る綺麗な夕焼けでした。
各地から初冠雪の頼りは聞こえてきましたが、八ヶ岳も先日初冠雪がありましたのでこの峠ももう少しで冬季閉鎖になります。
そうなれば、”石窯パン”も”醬油”も雪解けまで残念ながら”お預け”です。

2012.10.31
関連記事

Comment

非公開コメント