つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『破風岳』登山のはずが『笠岳』へ

 今朝起きると素晴らしい陽が差していました。
一日違いでこの快晴です。

 昨日は高山村の『破風岳(1999m)土鍋山(2000m)』に登る予定で行って来ました。
ここは昨年”御飯岳(おめしだけ)”に登った後天候急変で登山を断念した山でした。

 今回現地の高山村役場で登山準備の為”トイレ休憩”。
いざ出発と言うその時、役場の人が来て「このマイクロバスは入れません!」との事。
詳しく聞くと、現在県の事業で工事が行われていて、途中までしか入れないしUターンも難しい。
迂回路は有るが通れるのは乗用車だけで、マイクロバスは入れない狭い林道だそうです。
(県の工事の為、村では詳細不明との事。)
困りました、リベンジの予定が返り討ちにあってしまった格好です。


 と言う事で急遽目的地を変更。
『笠岳(2076m)』としました。


雨とガスで10m先が全く分からない細い山道をバスで登ってもらいようやく無事に登山口駐車場へ到着。

A笠岳11 <笠岳にて>



 今回総勢13人でしたが、事前調査をしなかった”ヘボリーダー”の急な目的地変更があったのにも関わらず全員楽しく登ってきました。
登山後は昨年もお世話になった”山田温泉”の無料休憩所で一杯(いっぱい?)飲み食いし、温泉に入ったり、散策したりゆったり過ごしてきました。
雨で全く展望は無く、おまけに期待していた紅葉は今年は遅くまだ始まっていなかったのも関わらず、「良い山だったよ!」と言ってもらえました。(涙)

A笠岳3 <”裏見の滝”と呼ばれる高山村の名所”雷滝”>


 因みに”ヘボリーダー”は私です。
今年度は2回目の山行リーダーでしたが、2回共雨。
『雨男』の汚名を頂戴しました。


2012.10.19
関連記事

Comment

非公開コメント