つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

栗収獲

 何年か振りで『栗』を大量に収穫しました。

 ”そろそろかな?”と思いながら栗林に行ってきました。
今年もダメだろうと思っていたので、何も持たずに行ったのですが”有るは、有るは!”。
急いでビクを持ちに引き返しました。

 栗の木は3本あって例年生ることは生るのですが、猿に食べられて人間様の口に入るのはほんの一握りでした。
ところが今年はここ1週間程猿が出ていないようなのです。

A栗収穫1 <おすそ分けした残りです>


 栗の木がある為毎年この時期になると猿が集まって来てご近所に迷惑を掛けています。
そこで昔20本程あった栗の木を少しづつ切ってきましたが、現在残り3本になりました。
今年は珍しくビク一杯採れたので日頃迷惑を掛けているご近所に少しづつおすそ分けしました。


A栗収穫3 <鬼皮剝き、2時間の成果です>


 消毒も行っていないのにほとんど虫がはいっていません。
今回久し振りに”渋皮煮”を作る事にしました。
栗の食べ方としては手間が掛かって大変ですが、一番美味しいように思います。


 一番大変な”鬼皮剝き”。
これには諸説あるようですが、我が家は”千枚通し”を使っています。
沸騰させたお湯に栗をぶち込んでから剝いていきます。
少し漬けて置いた方が柔らかくなって剝き易くなりますが、千枚通を使うと生でも剝けるので待ち時間が勿体無く思えて直ぐにスタートしてしまいます。

2012.09.27
関連記事

Comment

非公開コメント