つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”圧力鍋不具合”顛末

 昨年購入した圧力鍋が少し前から具合が悪くなってきたと奥さんから苦情が来ました。

 この圧力鍋は一昨年”ホバークラフトのスカート作製(ミシン縫)”の手間賃代わりに奥さんの希望で購入したものです。
奥さんの言うには「安物を買って貰ったので、直ぐに使えなくなった。」と言う主張です。

A圧力鍋1 <柄の付け根の赤い丸が圧力表示ピンです>



不具合は2点ありました。
①蓋がガタガタ。(”パッキング”がゆるゆるで締りが悪い)
②圧力表示ピンが動作しない。

 この圧力鍋の購入に関しては、私にも責任の一端があるそうなので(?)、輸入代理店のHPを見つけて、『お客様相談室/不具合問合せ窓口』に製品の不具合症状を書いて送りました。

 その結果4日後問い合わせ先からメールが届きました。
返信が直ぐに来なくて4日後だったのが少し気になっていたので早速開いてみました。

案の定
『弊社は昨年**月、代理店契約を解消しましたので、新たな代理店○○会社にお問合せ下さい。』
と言う内容でした。
輸入品はこれがあるから嫌いです。


 そこで新たな代理店に同じメールを送ったところ、こちらは2日目に以下の回答がありました。
 ①パッキングは蒸気漏れが無ければ問題ありません。 
 ②圧力表示ピンの分解写真を添付しますのでご確認ください。 ⇒ ゲゲゲ・・・、バネが1個ない! 
 奥さんが圧力鍋を分解して洗った時、バネをひとつ無くしてしまった様です。(取説には毎回分解して洗うように指示がある)
これで私の責任が無い事が明確になりました。
しかしこの圧力鍋を買った時同梱されていた”取説(取扱説明書)”を開いてみましたが、分解掃除の写真はあるのですが写真からはこのバネの存在自体が分かりませんし何の記述もありません。

 代理店メールへの返信で、”同梱取説”の不備を指摘し、バネだけ購入したいので代金等連絡貰いたい旨書いて送ったところ”バネ”が送られて来ました。
”バネ”単品としての部品販売は無いそうで、代わりに中古品(?)を無償で送るとの回答がありました。
見積書も同梱されていて、通常のメンテ部品としては”表示ピン一式”として¥4,000也の法外な価格です。 送料を入れると¥5.000を軽く越えますから、パッキングも合わせると本体を新規購入するより少しだけ安い程度の価格になってしまいます。

 日本で販売されている輸入キッチン用品はまだこんなレベルなんですね。(それともこのメーカーだけの特異な例でしょうか?)
非常にがっかりしました。


 このバネを入れて使ったところ正常になりました。
パッキングの劣化はなく今のところ問題なく使えるようです。
高々原価数円(~10数円?)のバネが原因でした。

メールで送られてきた新たな取説では、「取り付け方向を間違わなければ、バネは抜けることはない」と書いてありましたが、そんなことは全くなく簡単に抜けます。
これではバネを無くす人は少なくないと思います。
にも関わらずこのバネは”消耗品扱い”になっていないのは不思議です。(それとも苦情を言った人には何時でも無償??)
それならピンの設計を少し変更するだけでバネを抜けなくすることが出来るのですがね ・・・設計ミス?
こんな状態ですから、海外製品は性能は優秀でも購入するのは考え物ですね。



A圧力鍋 4 <次回自作の為記録を残しました>


 ”送られてきたバネ”を検討した結果、少し面倒ですが何とか自作出来るレベルでした。
但し”安全側”に造る必要があります。 
今度無くなった時(失くした時?)には、自作で対応したいと思います。

・・・これはあくまで自己責任です。



2013.02.27
関連記事

Comment

非公開コメント