つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ホップ収獲

 今年のホップの収獲を無事終了しました。

A収穫1 A収穫2 
<収獲前のホップ>



 過去2年間度々”猿”の被害を受けたホップ棚でしたが、今年作った”単管棚”は被害を受けませんでした。
多分高さが低く猿の興味を引かなかったのが良かったと思います。
しかし”クジャク蝶の幼虫”の食害を受け2本が枯れました。
幼虫の食害は2度に渡って受けましたがいずれも2日間ほどの短い間に大発生があり、気が付いた時には丸裸で手の施しようがありませんでした。


A食害 <食害を受けたホップ>


 今年はここ2週間程夕立を含め雨がまったく降らなかったので、ホップの乾燥は”干し網”を使った天日乾燥(と言っても実際は日陰干しです)だけで十分でした。
乾燥したものは”真空パック詰”としました。
昨年初めて真空パック詰したものは今も使っていますが、変色も少なく香りの保存も良くこの保管方法は大成功でした。

Aホップ真空パック <真空パック詰め>

2012.09.01
関連記事

Comment

非公開コメント