つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ブラックベリー収獲

 お盆で石窯作りも一時中断です。

ここしばらく石窯造りの毎日だったのですっかり忘れていました。
『ブラックベリー』の実が熟れて地面にポタポタ落ちていました。

慌てて収穫しました。
既にピークを過ぎてしまったかもしれません。


Aブラックベリー1 <収獲したブラックベリー>

 これを”ソース”にします。
ブラックベリーの種は硬いのでまず”ジューサー”を使って全て取り除きます。


Aブラクベリー2 <今年も現役のジューサー>

今回収穫時420gありましたが、ジューサー上がりで268g。
回収率約64%です。

これに30%の砂糖を入れ、加熱します。


Aブラックベリー3 <本日の成果>


 我が家ではこれをもっぱら”ヨーグルト”に掛けて頂きます。
ブラックベリーの木はラズベリーより更に前から栽培していて、一時は藪化していましたが最近木が弱ってきていて春先大分処分しました。
お陰で今年はあまり多くは収穫出来ませんが、我が家の食卓には欠かせないものなのでこれからは出来るだけ収獲する積りです。

2012.08.15
関連記事

Comment

No title

こんばんは。

私もブラックベリーのお世話になってますよ。
色はラズベリーより鮮やかですよね。
味は好みかな。
ラズベリーやジャガイモの記事のときも感じましたけど、そちらでの収穫時期は高崎より1,2ヶ月遅いんですね。

私もヨーグルトは毎朝食べるので自家製ラズベリー、ブラックベリーをよくジャムにします。
ジャム作りは私が担当です。

現在はトマトが豊作で食べきれず、初めてドライトマトに挑戦してます。
早朝に収穫しているのでちょっとうんざりですが。。

Re: No title


ジビエさん
こんばんは。

そうなんですね、こちらは””寒冷地””ということで大体1~2ヶ月遅れです。
反対に冬が来るのは1カ月ほど早いでが・・・。

 さてトマトは我が家でも今年は豊作でドライトマトにしています。
しかし天日干しだけだと完全にドライとならない内にカビてしまう場合があり、今は半乾きで冷凍しています。
又ドライトマトはピザにすると美味しいので、石窯の完成を急いでいるところです。
この石窯は野菜の乾燥も目的のひとつで完成すれば楽になると思っています。
非公開コメント