つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石窯造り(その31)

 引き続き”扉加工”です。

扉の裏に”反り防止枠(アングルを加工)”を、表に”取っ手金具(建築金物の平板加工)”を造ってネジ止しました。

A扉部品 <扉部材>


A扉組み立て1 <扉組み立て・正面>

A扉組み立て2 <扉組み立て・扉裏面>



 これ等部材は溶接出来る材料を使用しているので”溶接”でやるのが本来だとは思いますが、今回ほとんど”ネジ止め”としました。(*)
これは溶接時の熱変形を心配しているのも要因のひとつですが、使ってみて何かあった場合に変更、修正が容易に利く様に考えた結果です。
その為ネジ切り加工が多く(M5,M6計48穴)、多少時間が掛かってしまいました。
ついでにタップ(M5)も1本折りました。
ボルトの頭もデザイン上のアクセントのひとつと考えて見ましたが、中々の出来だと思います。(自画自賛 !!)

(*)今回枠3個だけ溶接しましたが、これもネジ止めで作製可能です。
   (・・・従って溶接機が無くてもこの程度の扉なら製造可能です。・・・溶接すれば加工時間が半分以下で済むと思います)



A塗装1 <耐熱塗装・表>

A塗装2 <耐熱塗装・裏>


 最後の仕上げは扉裏面への断熱材の取り付け。
耐火セメントとパーライトを体積比1:1に混ぜた”断熱セメント”を扉裏に塗り込めました。
これで断熱性と、軽量性を兼ね備えた扉の完成です。

A断熱扉1 <断熱パーライトセメント>

A断熱扉2 <完成扉・裏>


 ”アイアンワーク”はレンガ積みと比較すると連続して加工が進められれるのでスピードが全く違って速いです。
扉作製は材料集めは別で、枠製作を開始してから3日目にして完成しました。(耐火セメントの養生を入れて4日)
”養生”の必要がなく連続して加工が出来るのですこぶる快適でした。(レンガ積みが異常に遅い!?)

 最近は暑いのも手伝って、これまで丸3ヶ月間のブロック積み、レンガ積み作業に少々”うんざり”していただけに、このアイアンワークでリフレッシュ出来たので心機一転、石窯造りの最終段階に突入できそうです。

2012.08.31
関連記事

Comment

非公開コメント