つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ジャガイモ収獲

 ようやくジャガイモを収獲しました。

 今年から新に使い出した『猿防護柵』は途中度々改良を強いられましたが、ようやく何とか無事収獲まで漕ぎ付けることが出来ました。
更に今年は間に合いませんでしたが、既に来期向け”バージュンアップ版”も試作品が出来上がっていますので、来年はもっと楽が出来そうです。


A芋掘り1 <1畝だけすっかり枯れたので、今回これを掘りました>


A芋掘り2 <初収獲、たぶん”とうや”です?>


 今年作ったジャガイモは3種類。
それぞれ1畝づつ、3畝に分けて作ってあります。
今回収穫したのはその内の1種類ですが記録しておかなかったので、どれがどのジャガイモか分からなくなってしまいました。 
元肥は”自家製堆肥”、追肥だけ化成肥料を使いました。 
無農薬栽培の為”テントウムシダマシ”にやられました。
必ずしも出来が良いとは言えません。


 夕食はジャガイモ料理づくし、どれも美味しい頂きました。
苦労した甲斐が有ったと言う物です。
関連記事

Comment

非公開コメント