つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

イノシシの被害

 梅雨のこの時期雑草との格闘に追われています。

 今日は伐採した栗林の下草刈に行ってきました。
栗の木が茂っていた頃は日陰になっていてあまり成長しなかった雑草ですが、主幹だけ残した栗林は日当たりが良くなたお陰で雑草の繁茂が尋常ではありません。
そのままのしておくと、横の畑が動物の被害に合い易いので草丈が30cmを越えるのを見計らって定期的に草刈をしています。
梅雨時期は何時も成長が早いのですが今年特に早いようで1カ月で2回も草刈をやる事になってしまいました。

 Aイノシシ <イノシシの『掘り跡』>


 林に入って驚きました。
ほとんどの栗の木(枝を払った、主幹だけの栗の木です)の根元が綺麗に掘られて土が剥き出しになっていました。
イノシシの仕業です。
イノシシは土を掘って虫を食べると聞いた事がありますが、掘られているのは栗の木の根元だけですから、この根元に何か虫でも居るのでしょうか ??

 兎も角草丈が高いとイノシシが入り易くなるとの事なので大至急草刈を行いました。
今朝方までの雨で濡れていて刈り難く、2台の草刈機をフルスロットルで使って3時間近く掛かってしまいました。



 さて栗林の横に”ホップ棚”があります。
こちらは今花が咲き出しました。
蔓もこのくらい茂ると”緑のカーテン”にしても十分効果が高いと思います。
今年はこれまで一度も猿の被害がなく助かっています。
このまま収獲を迎えることが出来るでしょうか?



Aホップ <ホップの花>


 その横に昨年取り残した”ゴボウ”が成長して花を付けているのを見つけました。
ゴボウは冬越しすると花が咲くようです。
初めてゴボウの花を見ましたが、”オヤマボクチ”の仲間だけあって良く似ています。
但しオヤマボクチは下向き、ゴボウは上向きの花です。


Aゴボウの花 <ゴボウの花>

2012.07.22
関連記事

Comment

非公開コメント