つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

石窯造り(その21)

 いよいよ石窯本体の加工着手、最初は『焼き床造り』です。

 正直初めての大量の『耐火セメント』の扱いに緊張しました。


目地詰め1 <目地詰め:”目地コテ”で少し押し込んだほうが良いです>
目地詰め2 <目地詰め完了>

このセメントに水を少しづつ注入していきます。
ジョロで掛ける方法もあるそうですが、私はスポンジに水を含ませてレンガを擦りながら入れました。
どの程度の水を掛けるのが適当か分からず、幾等でも浸み込むので浸み込まなくなるまで結構タップリの水をやりました。
”型枠”は2時間後に外しましたが、セメントは崩れる事もなく確り固まっていて問題ありませんでした。

A焼き床1 <焼き床完成>

A焼き床2 <火口部分構造>


 この作業方法は先日行った、練った耐火セメントの扱いに比べたら格段に安心、安全です。

2012.07.31
関連記事

Comment

非公開コメント