つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『大遠見山』登山

 昨日は北アルプスの五竜岳直登ルートである遠見尾根の途中にある『大遠見山(おおとうみやま、2106m)』に登ってきました。

 梅雨時の計画と言う事で、天気が一番の心配でした。
前日の天気図でも”午後当たり降られるかな”との心配がありましたが、結果は1日晴天。
天気予報も良い方に外れて、思わぬ素晴らしい”登山日和”となりました。

A遠見尾根1 <小東御山(2009m)直下>


A遠見尾根2 <中遠見山(2037m)付近>



A遠見尾根3 <大遠見山(2106.3m)直下>

 中遠見山から大遠見山へはこの時期まだまだズッート雪渓歩き。
真夏の様な太陽の照り返しで目が開けられないくらいのまぶしさでしたが、久し振りの雪の感触を楽しむことが出来ました。
”大遠見山”山頂の標識は雪の下の為確認できず、大分先まで登ってしまいました。
お陰で五竜岳を間近で仰ぎ見て引き返してきました。



 梅雨時の山登りは計画しても中々実施できない事が多いのですが、高山植物も結構綺麗に咲いていました。


A木の花

A高山植物

A栽培品

2012.06.29


****************************************

 さて参考に昨日の天気図を載せておきます。

■6/28 9:00の予想天気図
0628最終予測

■6/28 9:00の実況天気図
0628実況天気図 <6/28 9:00実況天気図>

 前線の北側にあった2つの小さい高気圧が合体して勢力を拡大したため前線が北上できず晴天をもたらした結果でした。
関連記事

Comment

非公開コメント