つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『パンこね機収納庫』またまた改造

 先日改造したばかりの『パンこね機収納庫』ですがまたまた改造です。

 奥さんがこの新しい”こね機”を使いました。
スライダー式の収納装置を引き出し、そのまま作業をしました。
最初は具合良さそうでしたが、目を放して別の作業をしていたらテーブルの上から落っこちたそうです。

 『そんな馬鹿な!』と設計製作責任者としてはしばらく見ていました。
そうしたらこの機械は自力で歩いて、落下してしまいました。
パンの材料を混ぜる時、投入した材料が偏ったまま回転するので機械全体に結構な振動が出ます。
この為このスライダー全体が振動して機械が次第に移動して脚がテーブルから外れてしまいました。
中々手強い機械です。

A改良第2弾1 <改造テーブルトップ>

A改良第2弾2 <完成>


 そこで天板をそっくり作り直しました。
機械の4箇所の脚が板にはまり込んで勝手に歩き出さないように穴を掘りました。
すると機械が下がって機械の下にある冷却空気の取り入れ口が板で塞がれてしまうのでその部分をそっくりくり抜きました。

 改造後まだ使っていませんが、これで最終改造になるかは分かりません。
マァー、これまで通り床の上に降ろして使ってくれれば一番問題無いのですが ・・・・・・?


2012.07.08
関連記事

Comment

非公開コメント