つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『石窯』造り着手

 念願だった『石窯(パン窯)』造りに着手しました。

 これまでの駐車場の”ブロック抜き取り”や”U字溝ロケットストーブ”はこのための準備作業でした。

 ”パン作り”は奥さんの趣味で、これまでも長年美味しい”手作りパン”を頂いてきました。
又これまで『蕎麦屋行脚』をしてきましたがこれは『パン屋行脚』でもあり、目的地周辺でそれぞれ多くの店を食べ歩いてきました。
その結果、石窯パンでなければ出せない味があり『どうしても石窯が欲しい!!』との結論になりました。

 『石窯(パン釜)』造りは長年の我が家の”懸案事項”となっていました。

 原因は”構造”と”設置場所”の2大問題、もう何年も棚上げされてきました。
今年になってふとしたきっかけから”コンパクトな石窯”の構想を思い付いたので”庭の隅”に設置可能な設計が出来上がりました。
又今年は地区役員から開放され製作時間の目処がついたのでいよいよ着手開始となりました。(まあー時間はいっぱい有るので特に大きな問題ではないですが・・・気持ちの問題)


A基礎1 <基礎工事開始>

 石窯造りは初めてです。 
”本”や”WEB”だけが頼りの何ともこころもとないスタートです。
設計は終了したものの設計図通り造る自信(=技術)は無く、材料調達も進行状況を見ながらやるので、設計変更は必至で長期戦の覚悟です。


A基礎2 <ブロック仮置きしてΦ13mm鉄筋配置>

完成時期は未定です。
出来るだけ早く完成させたいと思っていますが、今のところ”年内火入れ”を目標としています。

2012.06.08
関連記事

Comment

非公開コメント