つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『大川入山』登山

 この連休の山岳遭難事故は詳細が分かると何ともやりきれない事故ばかりですね。
全部ではないと思いますが、登山技術云々以前の超初歩的な問題の様な気がします。
こんな事で「中高年登山は・・・・・・」と十把一絡げで言われるとしたら甚だ心外です。

 
さてそんな訳で参加者の中には家人から「そろそろ山は止めにしたら。」と言われた人も居るようですが参加を取り止めた人は無く計画通り登ってきました。
前回4月の山が悪天候で中止となったので、本日が所属する山岳会の今年最初の山行となりました。

 長野県南部の山、『大川入山(1908m)』に登って来ました。

 昨年度は山の麓まで行ったのですが悪天候の為登山を中止し、今年再挑戦となりました。
今年はリーダーのお陰で晴天に恵まれ(と山岳会では言う事になっています・・・昨年と同じリーダーなのですが)無事に頂上まで行って来ました。

201205071 治部坂峠入り口から1時間のところから見た”大川入山”

 この山は里山にもかかわらず大きくて、変化に富んでいて非常に良い山です。
その為距離は確り長く(全行程約11km)、結構なアップダウンがありました。
しかし明るく良く整備された登山道と各種の花も楽しめて、長い行程の疲れを忘れさせてくれました。


201205072 入り口からしばらく続く急登


201205073 頂上直下まで『ショウジョウバカマ』の花の列が続きます


201205074 晴天で気持ち良い頂上直下

2012.05.07
関連記事

Comment

非公開コメント